メンズ

売却時に発生する手数料を考慮してマンション売却を行おう

マンションを売る流れ

建物

買取りによる売却

マンション売却をする場合、住み替えで新しい物件がすでに決まっている場合や、売却代金の用途が決まっている場合など、売却に時間をかけられない場合に効果的なのが買取り業者による買取りです。買い取った不動産業者は、リフォームやリノベーションで付加価値を付けて市場で販売するため、一般消費者と直接取引をするよりも一般的に評価は下がりますが、限られた期限の中で確実に資金化できること、不動産会社との直接取引なので、仲介手数料が要らないのがメリットです。また、マンション売却をした場合、引渡し直後に設備の故障などが起きた時は、売り主に瑕疵担保責任がありますが、買取業者が購入した場合、瑕疵担保責任が免責されるのも有効です。

媒介による売却

マンション売却で、売り主が価格を決めて、市場で買い手が現れるのを待つ場合、不動産会社に買い手の募集と仲介を依頼します。不動産会社に買い手の募集と仲介を依頼することを媒介契約といいます。媒介には、不動産会社一社だけに窓口を統一する専任媒介契約と、複数の会社に依頼して、買い手を見つけてくれた会社と取引する一般媒介契約があります。どちらの場合も、仲介手数料を支払うのは、成約した会社に対してだけなので、媒介契約の方法によって費用が余計にかかることはありません。マンション売却では、契約締結時に手付金、引き渡し時には取引額から手付金を差し引いた残代金を受け取る一方で、代金精算時に仲介手数料を支払います。ここまでは、受け取った売却代金の中で清算することができますが、売却益に対する税金がある場合は、翌年3月15日までに確定申告と納税が必要です。納税のタイミングでお金が残っていないということがないように、売却に拠る費用の総額と支払いのタイミング、手元にいくら残るかを事前に計算しておくと安心です。

仲介手数料とは何か

説明

仲介手数料無料の物件を選ぶことで引っ越しにかかる費用も少なくなり、負担が減ります。引っ越しにお金を割くこともできますので、時間がない人も引っ越しが行いやすくなります。早く入居者を入れたい場合には、仲介手数料無料になることが多くなります。

詳細を確認する

家を買うためには

男女

横浜市は、首都東京へのアクセスが非常に良いため、人口減少社会においても年々人口が増加している地域であります。そのため、不動産の資産価値が下がりにくく、また、自然も多いため、住環境も非常に良い地域です。

詳細を確認する

大手メーカーで信頼ある家

積木

住宅ローンの金利が低くなっていることを受けて、マイホームを検討している人が多いです。多くの住宅メーカーがある中で、どのような基準でメーカーを選べば良いのか悩む人も多いです。大手メーカーの中のパナホームは非常に人気の住宅メーカーの一つです。評判などがどのようなものかはインターネットでも調べられます。

詳細を確認する